○○(主にサッカー)な日を綴ってみる (更新頻度激低)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
試合終了。
at 2011-05-03 14:59
前半終了。
at 2011-05-03 13:52
ここが
at 2011-05-03 12:00
ダルマ。
at 2011-05-03 11:48
ダンマク
at 2011-05-03 11:34
出陣!
at 2011-05-03 09:05
席確保。
at 2010-12-25 11:38
Match Day ~'10..
at 2010-10-18 15:48
到着!
at 2010-10-17 11:00
間もなく
at 2010-03-27 13:54
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
モーニング・バイキング。
from 関西風味・気まぐれ日記
極楽、極楽♪
from 関西風味・気まぐれ日記
久々のでぇと♪
from 関西風味・気まぐれ日記
お気に入りブログ
ブログジャンル
画像一覧
検索
その他のジャンル
skin edit by
Top | ×
DAY 8 ~(゚Д゚)ゴルァ!!な日~
早朝、
何となく小腹がすいたのと、嫁の給料が振り込まれていたので、
近所の某ホテルのモーニングバイキングへ行った。
1Fの喫茶店でやってるのだが、一般でも入ることができ、
何より値段が安いのでちょくちょく利用している。

ここで、ブチギレ寸前の大事件が起こった。



食べ放題のパンと、飲み放題のドリンクでお腹を満たしつつある頃、
従業員のオバチャン女性が何か言っているようだった。

「ジュースこぼしたら言って下さい」
直前、嫁がまさにジュースを持ってテーブルに座っているところにこの一言。
嫁のことだから、こぼしたら言うどころか自分で拭くし。
当然嫁激怒。
「私じゃありません!」だが女性はは続ける。
「こんなにこぼしちゃって…」
「違うって言ってるのに。ひどい言われようだわ」と嫁。
どうやら女性はもう一人いた他の客に言っていたようだが、
次の一言で俺らの怒りが頂点に達した。

「あなたには言ってませんから」

プチ。

なんだとぉぉぉぉ!!!!


明らかに不機嫌な嫁。
もう我慢の限界。
俺は震えを伴うほどの怒りを隠して、こう言い放った。


「考えがある。俺に任せて」

耐えられなかった。
こちとら同じ客商売だ。
客に対してどう振舞うべきかは心得ている。
ひどい、あまりにもひどすぎる。

食事を終え、会計をしようとした嫁を遮って
フロントに一言。

「上の方とお話をさせていただきたいのですが」
いきなり切れない。あくまで大人の態度で。

慌てたフロントのおねえさん。
「あの、何かありましたか?」
「それはこれからお話します」
内線で誰か呼んでた。俺に代われと言っていたようだが、
「直接お会いしてお話がしたいので」と一蹴。
系列店舗にいるらしい人物を呼びつけることに成功。

相手の土俵には上がらない。自分のペースに持ち込む。鉄則。

程なくして、それらしい人が颯爽と自転車でやってきた。
おいおい、いきなりツッコミどころ満載だな(笑)
この時点で軽くトーンダウン。
っつーか呆れてものも言えないよ(笑)
それでも抗議をしないわけにはいかない。
以下、やりとりをダイジェストで。

「すみません、何かあったのでしょうか?」
「そこで食事をしたのですが、これこれこういうわけで非常に不愉快な思いをしました。今日だけじゃないんですよ。何度も来てて、前にも似たようなこともあったし、いつぞやは『時間だから早く帰って』みたいなことも言われたことがあったんです」
「大変申し訳ございません、よく言っておきますので」
「ここ仮にもホテルでしょ?そういう接客態度ってどうなんですかね。それとも外から来た(宿泊しない)客は客じゃないとでもお考えなんですか?」
「とんでもありません」
「我々も形は異なりますが、客商売をしてるのでよくわかります。あまりにもひどすぎます。何度も来させてもらってるし、今後も気分良く利用したいからからこそ、あえてきついことも言わせてもらってます。そこはご理解願います」
「大変申し訳ございません。そして貴重なご意見をいただきありがとうございます」
「お忙しいところご足労願い申し訳ありませんでした。お話できてよかったです」
「こちらこそありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします」

とまあ、こんな感じで現場を後にした。
正直、言いたいことの7割くらいしか言えなかったが(口下手な俺のクオリティ全開)、
こちらの主旨は伝えられたかなと。
あまりこの手のクレーム?は言いたくないんだけど、お互いのためだ。

俺の職場でも最近クレーム続きだからよく分かる。
言った側(客)はよりよいサービスという名の「満足」を求め、期待する。
言われた側(商売人)はその「満足」を高めるべく一層努力する。
決して怒りをぶつけるだけのクレームじゃない。
そう信じたい。

一発レッドは性に合わない。
今回はイエローでとどめておく。
改善を期待して、次回もまた行こうと思う。
何も変わっていなかったら、そのときは…
[PR]
by gk-buffon | 2006-01-10 09:21 | DAYS |